医療用語集 tttake’s diary

医療用語研究(勉強)  略語・隠語・ドイツ語・英語・カタカナ語などで面白いものを紹介・おすそ分け。

童話・物語・戯曲・映画の主人公達の名前が付いた疾患 ① ラプンツェル・ピーターパン・スーパーマン

ウンチクおじさんとしては、この話題大好きです。なぜ? って思いますか?

ドイツ語や英語の難しい疾患名(病名って書かない処がベテランのプライド?)を誰かに語っても・・・・「聞いたことも無い事を言われても・・・」ってなるだけだからです。その点、聞いたことの有る童話等の主人公の後にSyndrome・症候群って付いていると、「あれー何やねん?俺は知らないけど?」ってなるんです。

 

Rapunzel ラプンツェル症候群  自分の髪を食べてしまう精神疾患(パイカ・異食症の一種)グリム童話の『ラプンツェル』に出てくる主人公が長い髪の持ち主であることからこの名前に。胃の中で毛玉が出来、胃の消化管を閉ざしてしまい、場合によっては死に至ることもある。 ヒトだけで無く、イヌ・ネコ等でも報告されている。

Pica(異食症)   Picaはカササギラテン語カササギは手当たり次第に、なんでも食べる)土・氷・毛・紙・粘土・木炭・チョークといった、食べ物以外のものを無性に食べたくなる症状。 小児(自閉症児によく見られる)と妊婦によく見られる 
「腐森ってパイカかよ? なんでも食うよね? さっきのあれって絶対腐ってよなあ・・・・明日は出社しないぞ!(普通に出社しました)」 実話です。

 

Peter Pan Syndrome ピーターパン症候群  パーソナリティ障害で、言動が「子供っぽい」という代表的な特徴をはじめ、精神的・社会的・性的な部分にリンクして問題を引き起こし易いという事が挙げられている。男性にのみ訪れるという特色がある。 
プライドが高く、自己中心的で無責任、おまけにずる賢いと言われる。「粕森か?」

 

Superman Complex スーパーマンコンプレックス 自分なら、どんな問題でも解決できると考えており、そのためにはどんな犠牲をはらう事を厭わない。 土日も仕事するし、とにかく人をコントロールしようとする、自己愛的で、サラリーマンなら絶対一緒に働きたくないタイプ。 「あのー同僚の欧東さんに聞きますけど、主人の会社って忙しいのですか? 主人は土日も部屋にこもって仕事してるし、朝は6時に家を出て、11時頃に帰って来ます。欧東さんはどうですか?」 「うっ!わ・私は普通です。(9時ごろ自宅を出て、卸⇒喫茶店⇒得意先⇒昼飯⇒昼寝⇒得意先⇒6時に帰宅してるって言えるか!) ご・ご主人は偉くなる人ですから、頑張っておられるのかと・・・(俺が知るか!)」  これ実話です。

 

XYY Syndrome・Super men スーパーマン 正常男性核型がXYであるのに対し、Y染色体が過剰  「XYY」「XYYY」「XYYYY」などが有る。